Make your own free website on Tripod.com
Home | 21 | 20 | English | 18 | 17 | 15

Organized crime of Japanese Cult

Systematic stalker & Brainwash act that uses sound equipment by Soka Gakkai
 
創価学会員非公然組織による長期組織的ストーカー犯罪の実態と、
それを個人私益に流用した別れさせ犯罪
(音響機器による音声送信と風評流布による、人為的に神経失調を誘発させる手口)
仮運用中リンクフリー

Welcome graphic

UPDATE  2009/09/18 とりあえず
 創価公明大敗北というところです(笑)
先んじて「創価」であることを隠そうとしはじめたり「当案件関与」を誤魔化そうとしても
各種記録と配布資料は誤魔化しようのないもの。
犯行に関わった本人のみならず赤子~老人含む血縁・会社など全てへの影響を指を咥えて眺めればよい。
いまさら自分の子供を送り迎えしても逃げようなどないのである。
 
2009/06/03 生存証明と雑記
 
*いつもの事ながら、選挙の噂が出だすと「創価学会=組織的ストーカー」という構図を誤魔化そうという風潮が各種ストーカー被害系掲示板で散見されます。
お得意の「頭がおかしい」or「他者なすりつけ」、学会員特有ですね。
当方案件の苫小牧創価ストーカーもご同様。
他者へはどんな悪事でも働くわりに露呈犯行者は自分の子供など送り迎えし警戒しているようです。
丸山などの息子は学卒し札幌圏へも出向いているようですから関係各位は十分注意が必要です。
 
 
2008/08/27解決へ向けての有効な手段追記
 
 
2007/09/19 組織的ストーカー行為とは に追記
 
2007/08/29 
  
最下部にリンク追加
 
2007/09/08 序文に「医療措置入院を利用・偽装した精神病院への封じ込み」についてを追加
 
2007/08/09「創価学会員が音声送信行為をしながら喚く様子」音声データ追加
 
 
2007/08/04 HPの段階的更新開始 組織的ストーカー行為とは に追記
 
  
明らかな別れさせ行為に絡み、組織的なストーカー被害や何かしらの機器機器による音声送信等被害が発生し、犯人達を調べると何故か関係ないはずの地元含む創価学会員複数が確認できている、現在も継続されているストーカー案件です。
 
当サイトでは犯人情報・音声等データを掲載しています。
同地区で同様な事件に巻き込まれている方、猜疑をお持ちの方も自由に調べることができます。
タイミングさえ良ければ、実際の喚き、犯行拠点に出入りする複数の犯行者、定置より監視行為を行うストーカー車両も実際に見聞きできます。
実際に調べだした方も複数居られるようですので、色々掴まれた方もいることでしょう。
複数の確認できる露呈犯行者が出ている以上、隠れているつもりの音声を吹き込んでいる犯行者も繋がりを消せません。
女・子供であれ、近隣住人であることを利用しようとするものであれ、面識を作ってきたものであれ、容赦しません。
全体像が浮かび上がった時点で、犯行者及び家族の顔・会社・所在等すべて掲載します。
犯行者の血縁、女子供、容赦なく全て対象です。
当方と交際相手に犯行を仕掛けた誰一人逃がしたりしない
時間稼ぎが出来ても、犯行に関わった者に打開策などありません。
 
 
情報提供はコチラ(犯人情報・創価信者名簿送付・内部資料等)
メール anti_terro@infoseek.jp 
*件名に「創価被害」と記述してください。
膨大な量のアダルトメールが毎日届くためフィルタをかけてあります。
 
 
***こんな馬鹿者もいます***当方宛に届いた自殺要望メール***
ー貼り付けー
 
日付: Sun, 19 Aug 2007 07:45:14 +0900
差出人: "
sa_ka278@infoseek.jp" <sa_ka278@infoseek.jp> [ アドレス帳に追加 ] [ 受信拒否 ] 
件名: 自殺したけりゃすればいいんだよ!
宛先: "
0ma39j03726157p@ezweb.ne.jp" <0ma39j03726157p@ezweb.ne.jp>
 
自業自得!文句あるか?
09080311386
ー貼り終了ー
 
 

組織的ストーカー行為とは
住人関係、恋愛、業務上での、「私怨晴らし・私益確保」という個人的利益を発端として
当初の目的・犯行起因者を隠すために、同一団体に所属する複数犯行者により、
ストーカー行為、被害者関連ワードによる仄めかし・喚き行為、盗聴盗撮行為、など
様々な「現行犯となり難い」犯行を常習的に複数年にかけて行うことで、被害者の
「精神面への傷害、それによる生活破綻」を狙う悪質な犯罪です。
 
 
集団ストーカー という言い回しは極めて特異に写るもので、よくて特殊な被害、悪くて妄想などと扱われがちです。
が、創価と相対すると、
・調べ周り、知らないはずの者が知らないはずのことを口にする
・つけまわし存在を誇示する
・敵対者とした者には、中傷し時に嫌がらせをする
等という体験をする方が往々にいると思いますし、脱創価・アンチ創価の方のブログなどでも散見されます。
こういう一つ一つの事象であれば理解しやすく、また、現実的被害として捉えやすいのではないでしょうか。

「そういうものの特定個人への集積が 組織的ストーカー というものです。」

*警察用語としても犯罪用語としても正式というわけではなく、
被害者側が被害を形容した造語といえます。
 
 
創価学会員が敵対者とみなした者にこういうことをする事例は過去から豊富にあり、
公明の与党参入以降、勘違いし増長した学会員の暴挙が増え、また、個々学会員の
私怨・私益確保のために見境無く攻撃対象を増やしたことが現在の、
「集団ストーカー・組織的ストーカー被害告発」
という形で露呈してきたのです。
*2008年8月現在、文藝春秋8月号 元公明党委員長告発手記 においても
ほぼ同様の組織的ストーカー被害の実情が明らかにされている

そして、全国でそ知らぬ顔をして住んでいる学会員達が、その組織的犯罪の
部分部分を担っているのです。
全体像を知っている・いないに関らず、オウム信者が住んでいるのと同等の
危機を孕んでいます。
そもそも、法華経を詠む本流宗教から破門されているのに法華経を詠み、
本来の宗祖ではなく団体トップを神と崇める擬似宗教ですから、
犯行理由に宗教的言い訳も使えるものではありません。
ちなみに団体特有の考えとして「都合の悪い相手は、頭がおかしい・異常者 」とする
特徴があります。
 
追記 「組織構図」
 
犯行依頼者>創価関係者>(その地域の創価学会ストーカー専従グループ(広宣部?))
                   ↓          ↓           ↓
             (地区部長)      (地区部長)       (地区部長)
                ↓             ↓             ↓
      (選別された末端信者)   (選別された末端信者)  (選別された末端信者)                         
                  ↓          ↓         ↓
                     {被  害  者}
 
*選別された末端信者とは、
・被害者近隣在住である
・被害者に接近できる立場にある
・別件でも同様行為の経験がある
・被害者在住区域(町単位)の活動グループである
などです
 
 
少数のストーカー行為専従者、必ず被害者宅近隣に位置する主力犯行者、
被害者周辺へ配置される、犯行とは無縁を装った個人情報収集・風評流布を行う情報グループ、
たまに動員される不特定ストーカー行為者、同団体に所属する被害者同僚、
これらの者等により、当初目的・犯行起因者からは遠ざけた「シナリオ」にのっとって
「まるで被害者が精神的疾患であるかのよう」に見えるように犯行は進行します。
同型同色同ナンバーの車両で一定時期にのみ付き纏ったり、被害者に関連する言葉を
声高らかに喚いたりすることも、精神面攻撃という意図を明確に現しています。
大きな特徴として、
・犯行起因者(依頼者等)よりも、被害者近隣の創価住人及び関係者が犯行の主体になる
つまり、特定できた犯行者それ自体が本来の(起因)犯行目的と必ずしも繋がらない
(人的には繋がる)
なぜ?>何をきっかけに誰が犯行を仕掛けたか解らないようにするため。
 
・上記の為、近隣の創価犯行者は、後々の為に「近隣トラブル」に見えるように、或いは「被害者が精神異常であるかのように」画策し、
自分達が被害者である、または「自分達の異常行動の理由」というものを創作する
なぜ?>きっかけとなった人物・事象とは無関係なはずの創価学会員らが主体として動くため、公になった際に関与している理由が必要だから。あるいは、関与否定のためには被害者の妄言としなければ逃げられないから。
 
・被害者が「悩んだり」「嫌がったり」「気にしたり」「怒ったり」などすることであれば、
「効率・金銭に関係なく、どんなくだらない事でも繰り返し行う」
なぜ?>被害者の精神面への攻撃でもあるため、ささいでも積み重ねて精神面への悪影響を促すためです。
人は不機嫌な顔であれば対人関係にも悪影響が出ますから、対人関係破壊の助長ともなります。
また、多くの被害者が経験済みのように、警察等へ話した際にも
「わざわざそんなことはしないだろう」
という一般常識の壁に阻まれることにもなります。
 
また、一部被害者や一部犯行地区のみで「低周波等悪用による聴覚への傷害行為(言葉の焼付け)」も
行われており、この手の被害告発は「電磁波被害者・思考盗聴被害者」という部類として
捉えられています。(被害者の被害認識による差異でしかない)
これも精神面重視の攻撃です。
大抵の場合、近隣配置の犯行者が「焼付け」とまったく同じ言葉・内容を喚き、被害者精神面へ
アピールします。
「焼付け」行為が行われている際、被害者部屋周辺には「低い唸り音」が発生することが多いです。
ポールなどが強風で振動するような音ですが、実際には無風状態で振動対象もないのに発生します。
同時に、音源方面の構造物が軋んだり、頭部への圧迫感や耳部への圧迫感を感じる場合が多くあります。
同状況下で録音を試みる場合、念仏のような単調な「音声送信と同じ声」が録音できるケースがあります。
しかし精神のみでなく身体的に重大な悪影響を意図したものでもあるのです。
低周波公害と同様、被害者及び周辺者には、耳鳴り・聴覚部過負荷による頭部への悪影響が過分にあります。
当方案件もそうですが、
「被害者及び周辺者」「近隣犯行者が過去付きまとった相手近隣犯行者宅周辺」
に、複数の脳疾患・及び脳疾患死が見受けられる共通点があります。
死に方が病死に見えようと、身体への悪影響を知った上で意図して行うわけですから、
それは「暗殺・暗殺未遂」であり「殺人・殺人未遂」です。
 
もうひとつ大きな問題があります。
ネット上で見られる被害記述のなかで複数件において、
「医療措置入院を利用・偽装した精神病院への封じ込み」
が見られることです。
事は単に組織的ストーカー被害に関係しているか否かという次元ではありません。
組織的ストーカー行為により被害者を精神病と見えるようにする段階から、医療措置入院偽装にまで持ち込む段階までが完全に組織的犯行として確立されているのですから、公開されている
被害数以上に実際の同被害があるはずです。
被害者傾向として「一人暮らし」等の場合に利用される率が高いようです。
日本全国には多数の失踪者・行方不明者がいます。
上記手法を見る限り、
日本全国の多数の失踪者・行方不明者リストと、全国の精神病等関連入院施設の入院患者及びその施設の死亡者等リストを照合すれば非常に高い確率で合致者がみられるであろう
事が予想されます。
単純に急造された小組織に可能な手法ではありません。
各地住人・各階層に多数の信奉者を持ち無理やり辻褄を合わせられる大きな組織でなくては不可能でしょう。
警察及び関係官庁は、これらの照合・把握をし、案件が見られる場合には大々的に捜査を行うべきです。
 
 
 
 
同犯行手法では、創価が全国的に共通な手段で行う、
・被害者への威嚇・心理的嫌がらせを目論んだ長期の組織的ストーキング(違法車両・違法ナンバー等併用)
・被害者がストーキング被害対処に目を向ける間、被害者の業務関係・交友関係への風評流布等による関係悪化工作を行う
・近隣信者を使い、【被害者にそれと判る語を含んだ】喚きを行わせたり、人為的な騒音等による挑発を行う
・連中が【ナレーター】と称する犯行担当者が吹き込んだ、「個人情報を利用した、各種の喚き・シナリオ等の録音音声」を近隣信者宅から数種の機器を使い終日数年に渡り被害者に聞かせる、精神的障害誘発を意図した行為
・音声を聞かせる際に、その手段が「頭部・聴覚部への過度な刺激」を与えることを認識した上で、被害者への傷害及び脳疾患死を意図した加害行為
を組み合わせ経年で加害することで、被害者の生活破綻・精神破綻を狙っている。
 
音声被害は、組織的ストーカー被害の中の1パターンです。
音声被害のない被害者の方でも、音声被害を疑って掛かる方も少なくありません。
音声系被害を受けている方には「加害者がわからない」方も多くいますが、ある傾向があります。
音声系被害者で明確に「犯行者一部を確認している」「事件前後に犯行に関わる言を受けている」複数の案件で
「創価学会員による組織的加害」
を訴えているのです。
これはネット上で情報を見てから意思同調しているわけでなく、個別に受けた客観的事実から同じ犯行組織を特定しているということを意味しています。
また、創価には「仏罰」という表現があります。
創価じゃない者や敵対者が不幸になると「仏罰が当たった」などと言うものです。
が、何故かそういう場合、「偶然にも」創価学会員が周辺で風評流布を行っていたり
ストーカー素性が「偶然にも」創価学会員だったり
創価学会員と揉めた直後などに「偶然にも」業務上の不審なトラブルが続発したり
などなど おかしな偶然?が多発します。
組織的ストーカー被害者ならピンとくるのではないでしょうか。
 
仏罰=人為的に行われる生活破壊=組織的ストーカー
 
ではないかということに。
 
*********************************************
被害種別に関係なく「日常の音」を悪用した行為も行われます。
 
「サイレン」「航空機の音」「販売車両の音声」「建築中の騒音」「動物の鳴き声」「汽笛」など
 
日常生活で聞こえても一般人には特に気にならない音です。
聞こえても、わざわざ音源を確かめる人は皆無でしょう?
が、組織的ストーカー被害者には、各事象に際し印象的な音ではないでしょうか?
 
当案件では、
「実際には周囲に存在しないのに、上記音源が響き渡る」
ケースが何度も確認されています。
 
*********************************************
 

札幌圏や苫小牧圏において、
・不特定多数によるストーカー行為や停止車両からの監視被害
・近隣の特定住人複数による、執拗な喚き・騒音・風評流布被害
・上記ストーカー被害発生以後に集中して起こる、悪戯電話&メール・車両への悪戯・業務妨害
・他市へ移動しても被害が起こる
など、個人が行う犯行の域を超えた継続的な被害にお悩みの方、是非ご参照ください。
苫小牧市内だけでも、他被害者による酷似被害の訴えが複数件、警察へ持ち込まれています。
また、札幌、恵庭の方も同様の被害を掲示板等で訴えています。
 
自分の周囲の創価学会員は普通に見えるが?という方はこちら (更新)
 
 
 
 
*************解決へ向けての有効な手段****************
まずは「ストーカー行為者・関係者を数名でも特定すること」です。
つねに記録していくと「必ず記録と重複するストーカー車両及び行為者」が見えてきます。
数名の被害者さんも同意見ですが「掲示板等で、実行者については何年経っていても調べず陳腐な方法論だけを無限ループしている自称被害者」が見受けられますが不思議です。
同様に何年経っても何の行動も行わない被害者の会などもありますが、それを信じていると延々と被害を受けた挙句に加害者の嘲笑の中、自滅していくだけです。
犯行創価信者を特定できたら、もっとも効果的な手段
「何処に住む誰で、どんな行為を繰り返しているかを公表すること」
です。
なぜ加害者が強気で長期に渡り犯行を行えるのか?
加害者複数が被害者を知っているのと違い、世間は加害者であることを知らないからです。
知ればどうなるか?
隠れ蓑は無くなり世間の目を気にしなくてはならず、しかも他の人間も
・異常な擬似宗教団体であることを知り
・常に警戒の目を向け
・知らないはずの相手が知らないはずのことを知っていた疑問への回答を得る
でしょう。
犯行者が勤める会社の取引先も見る目を変えるでしょう。
いま時折みる「創価学会員を調べている人達」や、これから調べるべきと思う人達にも有効な情報になります。
警察、特に公安関係者も
町役員レベルに始まり市レベルの活動団体・各業種の組合等や公的機関・政界へ創価学会が人を浸透させている事実が
千代田学校で習った内乱構図にそっくりなこと をやっと理解できるでしょう。
 
 
ですから犯行者家系・犯行者会社等を公開することは有効なのです。
甘い考えで「子供を対象から外す」のは愚かなことです。
創価信者たちは、被害者関係者が子供だからなどという理由で見逃したりはしません。
例えば、銃で撃ってきた子供を子供だからという理由で見逃しますか?
この被害は創価学会が身勝手に仕掛けてきた戦争なのです。
誰かの件が公になれば解決方向に、などという甘い考えの人は改めるべきです。
不利な条件の上で相手のルールで戦うことは愚かです。
 
*情報公開で重視すべき優先ターゲット*
1.加害者の妻・子供・親と血族
2.加害者の会社・取引先
3.加害者
 
加害者がもっともダメージを受ける、それも加害者本人以外からが効果的です。
人の心を捨てる必要はありません。
まったく無関係の「人間」か、加害者及び関係者である「害虫」かを心の中で切り分ければ良いことです。
当方案件加害グループが当方に聞こえるように言った言葉ですが
「人生メチャメチャになればいいんだ(笑)」
というのが加害者の考えです。
そのまま自分たちのことであると体感していただきましょう。
加害者による「なんでうちの子(妻)が~」などという声も
笑いながら聞き流しましょう。
 
解決へ向けて動くのなら心を決めましょう。
 
 
 
*****************************************

2001年後半より、私と友人の交際直後から「別れさせ行為・篭絡」を目的とした下記犯行被害を受けている。
友人宅地域での当て逃げ行為・それに起因する追い回しを演じ交際の妨害を狙ったのを皮切りに、

・常習的なストーカー被害(常時継続)画像1 画像2
専従的なストーカー行為者数名のもと、「528に揃えたマーク2ワゴン白色2台」「6965で揃えたアコードワゴン3台」なども含めた総合的なストーカー行為、短期的に外部動員をかけたイベント的ストーカー行為を行う。
併せて、スモーク車両による暴走で奇襲的なストーキングも稀に行われる。
苫小牧市在住創価信者らによる、交際相手宅前での遭遇とニヤケなど、明らかに犯行を伝えるやり方も含まれる
現在、1台の「528マーク2ワゴン白色」は、通報等行為以後に車両ナンバーを変えている。
他の記録されたストーカー車両においても、ナンバー変更・車両変更がいくつかみられる。
 
 

[苫小牧市]
大江 功 一家 室蘭330そ528マーク2ワゴン白色使用(現在、車両変更中)
 【両親夫婦、大江 功、娘(トヨタ・ワンボックス車両)、その他、の構成。犯行時は記載両親宅を拠点に活動していたが、隣の町に家を持っていた。情報公開と共に記載両親宅を転居。その家を販売していた業者も関連者のようである。出入りしていた複数の車両も何故か他犯行者付近に現われている】カローラセダン濃緑、イスト白色等
【重要犯行者_30前後頑健型男性(当時)、パンチパーマ風。同上マーク2ワゴン使用にてのレイプ音声時期のストーカー行為。他に、室蘭6174◎レビン茶色 、ホンダCR-V銀色、日産ライトバン白色も使用】
 
同上兄弟者使用の苫小牧音羽町在住 室蘭33て528(現在 つ583 に変更)使用者一家
 
室58さ5669 ターセル・ブルーメタリック色 (2002年春当時)
年配 髪の毛薄め 眼鏡使用 青系スタッフジャンバー着用
苫小牧側犯行グループ中核者
 
丸山 数美 一家 室蘭500す8017
【夫婦、息子、娘、おかしな長期滞在者、の構成。主要な動向は、太った妻のほう。息子は苫小牧市緑陵中学~嫌われ者で気印の気がある。息子は他犯行者子供と動くこと多。(音声データに登場する主犯格男とも同行あり)娘も関連者アパートなどに出入り。情報公開後からストーカー行為補助にまわり、無関係を装っている】
【レイプ音声時期にストーカー行為に及んだスズキジムニー白色(後部窓スモーク)なども出入り】
 
【関連データ】創価信者子供の喚き
 
 
丸山<>この声の子供、どちらから調べても双方の接点が確認できます。
 
中越 正規 一家 室蘭33ち6351
【不定期な此方の移動に合わせた並走。他ストーカー車両も集まる定置監視場所への車両配置。夫婦、娘の家族構成。主要な動向は、小柄茶髪の妻のほう】
*転居した大江宅を販売した会社とも関わりあり
 
室蘭300そ4376 オデッセイ(銀色)
【(細身40代男性・小柄)苫小牧市川沿町1丁目11付近在住。待ち伏せ監視。此方の移動に合わせ動き出し、慎重なことに他犯行者へと見られる連絡には公衆電話を使用する】
 
室蘭40さ7039 ミニカ(黄金色)
【中年女二人組。偶然で済まぬほど同じところに現れる。】
関連・パジェロ白色
 
札幌52は1011 パルサーHB (銀色)
【不定期な此方の移動に合わせた付き纏い
当方買い物中にも店内まで数人で出現。同伴の20代丸顔の女は、車・相手を変え複数回出現。
40代細身眼鏡使用男性、化粧の濃い中年女性、、、、カローラバン(銀色)リアスモーク・ルーフキャリア付き等。】
 
札幌300ねorぬ1125 マツダ・アクセラ(青)
【付回し・定置監視 日時曜日に関係なく在宅に合わせ現われ外出に合わせ移動
これに兄弟車か偽装車あり ☆室蘭300ぬ1125
※運転者同一のよう 30前後男 髪短め眼鏡着用 細身 苫小牧市緑町周辺へも出入り】
 
など(※主要一部)
苫小牧公明市議の選挙事務所に使われた建物関係者車両、
そこへ出入りしていた関係車両、
後援会関係者車両、(ときわ町 木村
創価の会館の隅に駐車されていた車両、
これらもストーカー車両リストに含まれている!
このうち複数の犯行者は、元大江宅近隣の飲食店前空き地に集合していた。
現在はこの場所は建築工事が行われている。
近隣住人よりの情報では、この空き地を長期的に不法活用していたようである。
【同飲食店等には、主犯創価複数、札幌側犯行者複数が出入りしている
同場所は、創価を破門した側の正規の法華系信者が集まる所でもある】

・当方宅・友人宅隣接家屋からの打撃音・喚き(当方宅・交際友人宅共に)
近隣宅や交際相手宅隣家から、打撃音等を繰り返す。
実声による喚きなども行われ、
_徘徊車両窓からの「お前の(交際相手)は~・・・」といった喚き
_「狂えや!」などという喚き
_交際相手宅窓前にて「二人とも落とせ」
_「こいつ、絶対泣かしてやる(笑い)」
などというものがあった。
 
「被害初期であると近隣住人の全てが敵対的に見えるかもしれませんが、ごく限られた特定宅複数でしかないことに留意してください。」
これらの限られた犯行者宅では、相互に主導をとり被害者からの疑いをあやふやにしようとします。
また、被害者からの接触をさせ言いがかりの被害者、という立場になろうとします。
当案件の近隣創価信者は、
「日中にはカーテンを閉め、夜間在室時には電気をつけてカーテンを開け、電気を消すとカーテンを閉めるという、見られた!と言い張る為の複線的行動をしています。」
 
 
・何らかの機器を利用した(犯行創価信者の機器運用を確認)「音声の聞かせ」
・それを利用した友人レイプ音声の送信、脅迫・恫喝・挑発
 
被害者に、当人や関係者のレイプされている音声を聞かせるケースは、当案件以外にも複数の事例がある。
そして、レイプ音声元の人物には、(当案件含む複数案件)
「必ず単独で昼夜を過ごした時間があり、本人に記憶のない傷跡などが残っている」
 
音声送信の実例(超低周波による音声伝送)
 
 
当案件の音声吹き込み及び運用メンバーには、声の枯れたデブな男が確認されている
他には、音声データにある男、若作りの声を出す中年女、など専従メンバーの他、近隣機器設置宅創価信者及び子供の声が含まれる
リアルタイムに追加される喚き等は、自宅等長時間滞在する場所で近隣に創価信者犯行拠点がある場合のみ、である
 
当方に聞こえる音声の中の一フレーズを、近隣創価宅から実際に叫ぶ犯人がいる、
同じ声色の者であり、しかもそれは録音されているという状況では妄想扱いもできないであろう。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
レイプ音声時期の警察官介入前後
 
当方からのレイプ音声等事象・ストーカー行為者情報が個人的な繋がりの警察官に流れた途端、レイプ音声・交際相手挙動変化・レイプ音声送信関係者などなどに「なぜか偶然にも皆同じタイミング」で行動等変化が起きていた。
 
・毎日行われていたレイプ音声・喚きの停止
・全ての露呈ストーカーの活動休止
・レイプ音声送信関係者の一斉の車両変更
・レイプ音声による釣りだし先である創価関連場所と、釣りだし役創価信者宅の境への塀急造
・主犯格「大江」と宅出入りの犯行者の活動休止
・主犯格「丸山」の車両破棄(スターレット・ガンメタ色)
・主犯格「丸山」宅に出入りしていた創価系新聞配送車両の車両変更と出入り停止
・交際相手名などを含めた創価信者子供等による「実際の喚きたて」の停止
・同色・同型・同ナンバー車両複数の一斉運用停止
・交際相手宅近隣に陣取った犯行者の転居(転居後も空室に関係者出入り)
この者等と同行していた、以前面識の医療関係女の接近停止
・後述、情報グループの人員変更(レイプ音声時のグループは出入り停止、後輩グループなる者等と入れ替わる。新しいメンバーの一部は「なぜか」近隣住人関係者)
情報グループ及び関係者の、お愛想取りのような態度急変
・犯行創価信者宅の創価・公明関連掲示物の撤去
 
など、全ての犯行関与特定者のみが一斉に上記動向変化を起こしていた。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
・機器運用を確認している創価信者による、「音声の聞かせ」と同義の直接的な喚き
人目の多い場所では子供を多用することが多い。
 
創価信者子供「狂えや」
   
 
【創価信者子供の地域社会評】
創価信者子供であることから学校などでも嫌われ者である。
異常者の様に喚くことが多いが、不思議なことに時期によって喚く場所・内容が決まっている。
 
 
主犯格男の機器音声女は創価学会員
 
などを常習的に行い、交際を阻害し、生活環境を外部要因で変え狂わせようとする犯罪被害にあっている。
ご丁寧に全てのパターンにおいて、
「犯行者像の偽装を繰り返し行っている」
 
・過去に揉めた相手の名を出し、なりきる
・疑わせたい近隣一般住人宅前で喚く
・共産党員、警察を騙る
・露呈犯行者が成人の家庭を持つ創価学会員複数を示しているのにも関わらず、若年者の声などを多用し偽装する
・日本人だべ、オマエ!など自分達には日本人はいないなどという偽装をする
{上記のような偽装をしつこく繰り返した上で、露呈犯行者の放免と証拠を要求する}
など
 
※犯行者が一人でも特定できると、偽装は笑いの種でしかありません
※上記創価信者子供は、喚き音声の公開以後から途端に表に出されなくなっている。
お互い行き来のある共犯者子供と共にゲリラ的に出没する程度であり、その動向の変化は近隣一般住人にも確認できるだろう。
この子供は、上記主犯格男とも行動を共にすることがある。
 

当て逃げ犯の演じる追い回しと同時に住居付近で犯行を始めたのは、なぜか無関係なはずの創価学会員住人・創価系会社関係者など複数であり、他ストーカー行為者からも接点が浮かび上がった。
複数の創価信者、犯行に利用・当方を誘導する場所は創価関係建物、であるなど、ほとんどの点で創価学会員複数の組織的犯行を裏付けている。
札幌側の「別れさせ行為依頼者」は、上記ストーカー行為等による交際相手とのイザコザに合わせ、かならず接触を図ってきていた。
悪戯電話のうち数件は、この者周辺の出入りの容易な施設から掛けられている。
別れさせ行為依頼者と札幌地域ストーカーが大元であるが、それを隠す為と露呈者が多い為に苫小牧側創価信者らが日常の犯行の主体となっている。
 
 
・交際相手周辺依頼者と、当て逃げ行為者、札幌地域ストーカー専従者(交際相手宅近隣住人含む)、以前の面識者である医療関係者女(両地域に出没)
・苫小牧地域ストーカー専従者、近隣創価住人複数、当方出入り先浸透グループ
上記2地域のストーカー行為者が、当て逃げ行為を契機に同時発起しており、
双方で人員の出入りがある。
当方がどちらの地域に所在するかにより、その地域の犯行グループが犯行主体となる。
(音声についても、地域変動がある)
何かにつけ誘導する先は、その地の創価関係場所のみである。
犯行者同士のリンク先も創価信者が基点となる。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
以前の面識者である医療関係者女(両地域に出没)
 
・札幌石狩側の医療福祉系施設の医療教員
・乗るはずのない路線の地下鉄に、スーツ姿の護衛複数と現われ、当方乗車位置に現われた
・上記スーツ姿の護衛複数と、交際相手宅周辺に現われたり、近隣住居に出入りしていた
・上記スーツ姿護衛メンバー男のボルボワゴン銀色に同乗し、苫小牧にも現われている
 
このスーツ姿護衛は、札幌・苫小牧両市で活動するストーカー専従者でもあり、
犯行者両親と思われる男女を乗せた車両の運転手として、徒歩の当方周辺を徘徊したりもしていた。
当方と交際相手の旅先にも、その土地の関係住人を指揮して現われていた。
 
//////////////////////////////////  &  /////////////////////////////////////
 
上記メンバーや連れ歩く共犯者、創価住人宅出入り者には、
 
精神異常者・障害者とその家族
 
が関係している
 
 
ストーカー行為犯人の中で、一部の日中にも活動する者には、
障害者補助・生活保護による受金を資金源にしている者が含まれている
自称・福祉の党=創価学会は、上記補助制度を悪用するのが得意な団体である
 
また、自称・福祉の党=創価学会に多い在日朝鮮人は、
「日本人より簡単に、日本人より高額な生活保護を受けている者が多い」
 
 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////   

【情報操作・収集で対被害者扇動を行う、隠れ創価信者】
また、当方出入り先には、ストーカー行為者関連の情報操作・収集グループのような者等が浸透しており、場合によって奇異な会話を始める。
初対面でいきなり、「私の部屋を覗いたでしょ」という女や、グループメンバーで集まり、聞こえよがしに「ざまみろ!あいつ、人生メチャメチャになればいいんだ!」などと笑いながら話し出すなど。
しばらく会ってもいなく出入り先へも現われていない者が、久々に顔を合わした途端に、
「あ、本当だ。顔変わってる!」
などと発言した後、失言したように口を押さえるなどの状況があった。
何かを聞いているから出る発言である。
また、当方を見て、
「まだ来てるのか」
などという、来れない理由でもあるような言葉を吐く者もいた。
 
このグループ、時と共に新しいメンバーを連れてきて増殖していきますが、なぜか
近隣住人関係者や過去の業務先に関連する者だったりします。
組織的ストーカー行為において中核を成し動向を操作していくのがこの連中で、
挙げられるのをもっとも恐れている者等です。
「ストーカー行為時の仄めかし・音声系被害では、自宅や上記のような者等が出入りしている先など特定の場所でしか出ていない話題・会話を原文そのまま利用してくることがあります。」
 
「ストーカーグループとは無関係を装い、対外浸透をする独自の生活スタイルをしているので、
直接的ストーカー行為者よりも叩く優先度が上です。」
 
「このような情報操作・収集グループが出入りするようになる特定の場所で、顔見知りを利用した 白紙の署名 を書かせようとすることがあります。」
現在も、少数の主要犯行者による定期的なストーカー行為、近隣の創価信者宅からの機器による音声送信等行為が継続されている。
犯行者露呈以降から同じパターンで、音声送信メインで挑発等を繰り返し、精神失調を起こすか衆人環境下で音声に反応し異常者ととられるよう画策し、定期的に専従ストーカーが様子を見に来る。
また、露呈犯行者に対し当方が安直な接触をし、犯行者優位な状況を作ろうと
音声による挑発とそれに合わせた露呈犯行者のアクションが繰り返されている。
 
 
札幌側の犯行依頼者と、札幌・苫小牧の創価学会員をメインとした犯行グループにより
・別れさせ行為と、生活環境全域への悪影響を目的とした
・車両、徒歩による、継続的、計画的、広範囲なストーカー行為と
・交際範囲、交友範囲、業務範囲における、犯行者による意図的な情報操作等による関係阻害行為
・近隣に確保された犯行拠点からの常習的監視
・個人情報を利用した、喚きたて、すれ違いざまの仄めかし、挑発行為
・人体に悪影響を与えることがわかっている機器を使用しての、継続的傷害行為を
・組織的、計画的に
・2001年後半~現在に至るまで継続して行われている
 
 
犯行者はれっきとした成人男女で、複数の創価学会員を確認しており、
各犯行者に相関性があり、
札幌・苫小牧両市ともに、専従者のもと、地域在住の者が深く関わっている。
 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
犯人情報2 における犯人集合場所と、
犯人情報1 におけるマーク2ワゴン同型同色同ナンバーの1台(現在583に変更中)の停車場所(駐車線)
が同時期に建設・行政工事により隠蔽されはじめている。
 
 
このような組織的ストーカー被害は当案件だけの特異な例ではなく、当案件発生時期前後から全国的に同様な手法で複数の組織的ストーカー被害が発生しており、

「半数以上の被害者が、犯行者内の創価信者・関係者を認めている」
 
また、他被害例の中で公になっている2件では、
ストーカー行為により被害者に、
「第三者(犯行関係者)に被害状況を話させることで」措置入院を偽装した「拉致監禁事件」
を行った事実が明らかになっています。
 
この事は、全国の行方不明者・失踪者の中に、同様な手口で封じ込められた方がいる可能性を示唆しています。
※この手法で犯人たちがもっとも当てにするもの、それは
「被害者の常識・忍耐・調和性」
です。
・近所の者を前面に出せば、通報・対処を思いとどまるだろう
・ここまでやっても我慢するだろう・公にしないだろう
・1対多数なら、勝てない と思って諦めるだろう
・普段、話のできる位置にいれば疑われないだろう
・同色同型のナンバーを揃えた車両を使えば、勘違いと思うだろう
・被害者自身に何か非を感じさせられれば、通報・対処はしないだろう
・周囲味方に言いづらい被害であれば、思いとどまるだろう
・適度に犯行をやめる振りをすれば、そのうち終わると思うだろう
といった感じです。
被害者が自分たちのルールに従って動くことを前提としています。
また、被害者に自らの非を疑わせることで、通報等対応を遅延させようとする部分があります。
 
組織的ストーカー被害を受けている方で、「一過性の被害でそのうち終わる」「いまは終息している」「いままでの被害は忘れて、違うほうに目を向けて、、」と思ってる方もいるでしょう。
端的に言って 「犯行者を何とかしなければ絶対に終わりません」
 
犯行者が嫌がるのは、犯行者特定・手法特定・犯行の記録・偽装が通じない・犯行者情報が共有されるなどであり、当案件では、機器音声についての露呈 も含まれます。
ストーカー行為にしても音声被害にしても、
まず見るべきは人の動きと繋がりで、それを差し置いて何故?に拘るのは得策とはいえません。
 
よく、犯行者の仄めかし・音声送信で、
・気付いた
・まだ気付いてない、わかってない
的なものがあります。どちらも被害者を誤誘導する為に使われることが多いです。
被害者の方で、考えすぎるあまり起因を過去に求めすぎていませんか?
 
被害に気付いたとき、すなわちストーカー被害が発生していると自覚したとき以後に、
何度も現われたストーカーは誰ですか?
同じ車両や同じ人間が居ませんでしたか?
知らなければ言えない失言・仄めかしや喚きたて、話題振りをしたのは誰ですか?
これら実行者と辻褄の合わない犯行者背景を思い描いていませんか?
迷ったとき、この部分を振り返ってみるといいかと思います。
直接的犯行者を調べもせず、犯行組織背景を語る方が多いように思います。
 
 
被害が続いてる限り、
「犯人は必ず定期的に顔を窺いに現われます」
なぜなら、被害者個人情報から行動を推測したりはできますが、頭の中まで読めるわけでなく
「実際に見なければ様子がわからない」からです。
犯人は、違う犯人像を装いますが、
「明らかな実行者が判ってしまえば偽装は茶番でしかありません」
犯人は自分が露呈していないからと(或いは見られていないからと。音声系も含め)調子に乗りますが
「一人でも明らかな実行者が判ってしまえば、そこから辿れます」
犯行者が露呈してしまえば、隠れていようがいまいが同じです。
「大事なのは、ストーカー行為等実行者を叩くことです」
 
「ほとんどの案件で、近隣住人の関わりが浮かんでいる事を忘れないように」
近隣住人全てが敵対的に見えるかもしれませんが、犯行に加担しているのは特定の種類の住人だけです。
それら特定の住人達には相互間の行き来があったり、ストーカー車両との接点があったり、共通する特定場所に出入りしているものです。
「また、地域を変えても(旅行等で)近隣住人の加担が見られますが、全地域共通の犯行専従者が現われることが多いです。」
 
 
テロリストが使った言葉ですが、
「我々には一度チャンスがあればいい」
というものがあります。
テロ未遂事件以降のイギリスの空港警備風景を目にされた方も多いでしょうが、
「守るほうは始終警戒し多くの時間は徒労に終わる、その隙を一度でも捉えれば、、、」
という意味合いです。
組織的ストーカー事案において、守りのほうは被害者そのものです。
が、一人でも犯行者特定が出来れば、その立場は一変します。
組織的ストーカー手法を使う理由のひとつは素性を隠す為ですが、そのカバーが剥げるのです。
被害者のみならず、「近隣の一般住人・会社・学校などで犯罪者という素性がバレてしまう」ことをストーカー達は恐れているのです。
ストーカー達は、被害者の子供を含めた家族・恋人なども平気で攻撃対象にしますが、
自分達の子供を含めた家族・恋人」を狙われることを極端に恐れます。
そうなると、始終疲弊しボロも出やすくなります。
追いかけだすのは被害者だけでなく、第三者も加わってきます。
「貴方は守りに徹するだけでひたすら被害を受けつつ、他被害者案件の解決に便乗することを選びますか?
被害を甘受し、じきに加害者が何事もなかった顔をして生活していく泣き寝入りを選びますか?
 
それとも、加害してきた相手を叩き、追い詰め、奪われたものを取り返し、解決するほうを選びますか?」
 
 
2006/05/17 公安調査庁 公式見解
 
 
苫小牧地域の特別な位置づけ(内閣衛星情報センターなど)
 
 
【重要】
当案件で行われたレイプ音声と体への傷跡の利用、他被害者様でも利用されている事実が判明。
まったく同じシナリオが、他地域でも利用されています。
また、他被害者様の情報で決定的なのは、
「被害を知らないはずの創価学会員から
「創価に入会すれば、ストーカー被害も覚えのない受傷もなくなる」
といった発言が行われていることです」

札幌の主犯格等のストーキング例
 
創価学会が他宗教へ組織的ストーカーを行った実例
(外部からインターホンへ音声混入させている音声送信原点の実例記載)
 
※他宗教への攻撃により煮詰められた犯罪手法が、いま一般人に向けられ始めた事を示唆している
1994年に起きている創価学会による幸福の科学へのストーカー行為その他事案は、
「集団ストーカー」「組織的ストーカー」「音声送信」の原型とみられる要素があります。
ここの(3)では、遠隔からのインターホンへの介入が行われており、外部からの音声混入という手法を
彼等が意図して行い現在に発展しているという見方もできます。
公明=創価の与党参入は1999年~です。
それ以前での脱退者・他宗教への工作は数多くあり、そのノウハウと与党参入による「勘違い」により、
学会員個人の私益・私怨による一般人への嫌がらせなどにも手法が流用されるに至り、暴走傾向になってきたのではないでしょうか。
創価が敵対視する団体の中で、このような記載をしている初めての例です。
「外部からの音声混入」以外にも、付き纏い写真を撮る無言等嫌がらせ電話の傾向仮想加害者へ成り済ますスタイル住居周辺への意味ありげな捨て置き被害者を精神異常者扱いし証言を貶めようとするスタイル、
まさに現状の「組織的ストーカー被害」と同一ではないでしょうか。

 

組織的ストーカー・集団ストーカー・音声送信とは
 
現在、インターネット上では、
 
複数のストーカー行為者の連携による実質的な常習的ストーカー行為、
被害者の生活環境周辺に浸透し風評流布等による交友範囲離反・生活環境破壊を狙う扇動行為、
盗聴・浸透者による個人情報収集とストーカー行為へのフィードバック、それを使用した仄めかし行為、
等を複合した、ストーカー規正法範囲外で組まれた総合的なストーカー被害を、集団ストーカー・組織的ストーカー と表現し、その被害者による訴えが急増しています。
1999年~から被害が発生しているというケースが最も多いのではないでしょうか。
(創価が母体である政党・公明党が与党に参入した年です。)
 
 
その源流を考えるに、
過去の共産圏国家で行われていた公衆の目も利用した監視体制
                  ↓
それに加えてアクティブな攻撃要素(調べるだけでなく、外的要因を操作する)
といったもののように思います。
 
 
真の犯行者・犯行目的がわからぬよう、複数人の犯行者により長期的に行われるうえ、
多くの場合、被害者本人にしか被害がわかりづらいように計画的に行われます。
また、被害者本人にしかわかりづらいように行われるのは、
被害者が、警察・親族・友人や「第三者(犯行関係者)」に被害状況を話し、精神保健福祉法にある措置入院の基準に沿った複数の証人を作り、同法の曖昧な執行手順を悪用して
「被害者を精神病扱い」にする
ことを狙っている場合が多いからです。
 
 
仄めかしとは、被害者に関係する(例えば自室における電話内容・特定場所においての会話内容・名前等)話題・言葉などを、すれ違いざま・背後・特定の出入り先等において意図的に聞かせる ものです。
 
犯行グループには、複数のストーカー行為者のほか、必ずといっていいほど近隣の特定住人や業務等関係の特定の者、意図的に接近を図る者も含まれており、個人情報収集・扇動等により被害者の生活圏全域において悪影響を与えようとします。
大抵の場合、被害者側と面識を作り何かしら会話できる位置につこうとします。
複数人の場合、内輪もめを演じ、それから生じる会話を振ることで接近を図ることもあります。
 
 
 
多くの場合、ストーカー行為に車両も運用されます。
複数の同型車を同ナンバーで揃えたもの、ぞろ目、犯行者数名でナンバーの違う同型車を使う、偽造ナンバー、など、被害者への心理的影響も含めた意図的な運用がなされます。
他被害者様の案件では、警官が偽造ナンバーを確認したにも拘らず何の対処もしない、などというケースもあるようです。
ある程度目星をつけた犯行者のナンバーでも、車両は同じなのにふと気づくとナンバーが変わっているなどというケースもあります。 (ナンバーはこまめに控えるべきです)
通報等により車両詳細が露呈したとみると、即座に車両変更・ナンバー変更を行っているケースが複数あります。
また、複数の者において、露呈後の即座の転居が見られました。
車両運転を女、後部座席に男が座り写真撮影してきたり、車両に自転車を積み移動先で自転車による遭遇を行ってくることもあります。
犯行車両のナンバー操作・偽造や、犯行者詳細露呈以後のすばやい偽装対応からして
組織ストーカー犯の中には、車両の取り扱い(販売・整備・書類操作)に慣れた者 がいます。
 
 
従来のストーカーと違うのは、
・意図的にストーカー規正法範囲外でのストーカー行為を行う
・ストーカー行為者複数で、犯行発起者は表面にでない(ストーカー行為の外部委託)
・被害者宅近隣へ共犯を潜伏させ個人情報収集と、騒音等小細工を行う
・上記2者とは無関係を装った者を被害者周辺に近づけ、個人情報収集・批評操作・観察を行い、集めた情報をストーカー行為にフィードバックする
といった複合的ストーカー行為であることです。
また、犯行期間は無期限で、費用対効果を度外視した動きをします。
 
 
また、専従ストーカー行為者以外に、週末・祝・祭日にストーカー行為者・機器運用者音声が増えることから、普通に職を持ち祝祭日に動員される者等がいる(犯行者家族、その他)、
犯行者同士に業務上の繋がりがいくつかみられる
といった副次的要素もあります。
 
 
 
 

ここでいう「音声送信」とは、組織的ストーカー被害を受ける中で使用される一手法で、
被害者宅近隣の犯行者宅等に何らかの機器を設置し、被害者の聴覚神経に影響を与えた上で、影響を受けた被害者にしか聞こえない音響(正確には、聞こえづらい)を聞かせるものです。
その音響は、被害者への脅迫・中傷・挑発の声を含んだもので、
・周囲に機器運用者がおりリアルタイムに行われる場合と
・就寝時に繰り返し聞かされ、耳鳴りのように聴覚神経に焼きつき、周囲騒音等で自発する場合
があります。
ほとんどの場合、近隣犯行者・ストーカー実行者による喚きたて・仄めかしにおいて、音声内容の一文を引用されます。
 
音声を常時聞かせることで、
「被害者に何かをさせる・何かを言わせるなどの反応誘起、催眠・洗脳に関わる焼付け、聴覚への過度な刺激による周辺筋肉及び神経の不平衡植え付け」
などを狙ってきます。
 
 
音声送信の実例(超低周波による音声伝送)
 
 
//////////////////////////////////////// 上記低周波音の実験等からの考察 /////////////////////////////////////
通常、人間の聞こえる音声周波数は、20Hz-20kHzあたりでしょうか。
が、実際の音声には、その上下限を超える周波数も含まれています。
実際には鳴っていて、身体構造上は聞こえているが、意識上は聞こえていない音声、ということになります。
ある音声を、非可聴周波数のみに調整したうえで、近隣から業務用スピーカーのようなもので張り裂けるほどの大音響で鳴らしても、意識下では聞こえていないということです。
ですが、身体構造上は聞こえており、当然ながら身体には悪影響を及ぼすでしょう。
また、ある人の可聴域上下限が把握できれば、そのギリギリの周波数からの音声を聞かせることもできるでしょう。
「可聴周波数チェッカ」なるソフトを使い試すとわかりますが、聞こえるか聞こえないかギリギリという周波数になると、その音圧とは関係なく、やや音量が下がったような状態で聞こえます。
 
音声被害では、その被害者に「聞こえる下地」を作る段階や、焼き付ける段階、他者がいる中で音源を聞かせる段階、などがありますので、全ての段階で共通となる手法ではないかもしれませんが、現実的に取り立てて特殊な機材を必要としないで行える手法と思われます。
 
「音声の補完」
上記のギリギリの可聴周波数から思うことですが、
聞いたことのある声、から、可聴域部分だけを除いた上下限以降の音源を聞かせれば、
周囲にはほぼ聞こえず、当人にはギリギリの部分が聞こえた上で、
頭の中では聞いたことのある声を検索し、除かれた周波数部分を頭の中で補完し
個としての声色を認識できるのではないでしょうか。
この辺は推測となります。
 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
リアルタイムに行われる場合、あらかじめ吹込みされた喚き声を流しつつ
(まるでCDをリピートするように)
機器運用者が言葉を挟む、といったものです。
わかりやすいイメージとしては、脅迫・中傷・挑発の喚きを録音したCDをリピートで流し続け、かつ、マイクで運用者の声を含めている ようなものです。
 
目的として、
・常時、声を聞かせることでの神経失調誘発
・犯行関係者とのトラブル誘発、釣り出し
・会話形式のものを聞かせてくる場合、被害者が公衆面前で音声に反応するように画策
・被害者の喜怒哀楽を不安定にすることでの、良好な交友関係・業務関係の破壊
もっとも重大なのは、
・音声と共に身体刺激(主に頭部)を加え継続攻撃することでの、催眠や洗脳的効果
(頭部への直接的電気刺激と音声による記憶等操作は、オウム真理教事件で「ニューナルコ」として実証済み)
です。
 
当案件においては、
「主犯・ストーカー実行者・別れさせ行為が露呈しているにも拘わらず、
いまだに犯行者を偽装した音声を繰り返しています」
犯行者が露呈してから、この傾向が強いです。
 
「ストーカー行為者音声の、勝ち誇った口調や内容は、被害者が誤認するよう仕向けたものが多いのです。
犯行者詳細が露呈した場合、このケースが増加します。
露呈者が増えたり公表されたりすると、さらに挑発的になり、被害者がなんとか口を返すよう議論調になります。
これは全く相手にする必要はありません。
そして本音は、ゴキブリのように逃げ隠れする露呈犯行者を見ていれば判ります。
この挑発モードに至る場合、被害者の反応を現認しようと、近隣犯行者が無意味に屋外に滞在します。
当案件では、100%の確率で、同モード時に近隣創価信者が屋外にて様子を窺ってきます。
 
【注】
「音声内容の中で、特定の場所(自宅や関係者と目される者が出入りする先等)でしか出していない特定の内容・言葉を原文のまま利用してくる場合があります。
 
 
周囲騒音等で自発する場合の犯行者メリットは、
・常時張り付いていなくても、張り付いていると同等の効果をあげられる
・テレビ、ラジオ、周囲の会話からも発生する為、被害者に誤認をさせられる
・周囲騒音の周波数等で自発するため、通常聞こえるであろう以上のパターンを焼き付けることで、被害者に聞こえる音声に変化をつけられる
・被害者の周囲で意図的に大声の会話等をするだけでよく、かつ、録音されない限りは音声内容同義をそのまま喚き調子に乗ることもできる
・精神病者における幻聴の状況に似ている為、被害者が第三者にそうみられる可能性が上がる
などかと思います。
 
周囲に機器運用者がおりリアルタイムに行われる場合、それはほぼ特定の場所に限られるはずで(長時間滞在する場所、自室・特定出入り先等)、室内の被害者の声・動作音に強く反応します。
被害者が音声内容に言葉を返したかのように、運用者が矢継ぎ早に喚きだしたりします。
 
音声の構成は意図されたもので、被害者が意識を逸らすと効果が薄まるため、
・被害者への名前での呼びかけ(何々ちゃん!)
・なっ! とか ねっ! といった文末
・議論調(何々って言ったよな、説明して! とか 腹立つよな?言ってみて!などなど)
カクテルパーティー効果を狙った構成が多用される。
また、話すペースも作為的に調整されていきます。
喜怒哀楽を揺さぶる内容を心拍より早いペースで繰り返し聞かされれば、当然、心拍数も上がっていきます。
 
 
自分のみでなく、周辺の人物の態度が急変していることも多いと思います。
情報操作もあるでしょうが、就寝時を狙った睡眠学習的な催眠を行っている疑いもあります。
同手法は、被害者の周辺者の就寝時間帯にも行われている形跡があり、
 
・交際相手宅でも上記機器の犯行形跡・状況があるうえ、近隣宅を確保し出入りしているのを確認している。
・また、機器被害上、深夜就寝時間帯を狙った行為もあること、交際相手に同様の身体的影響が見られたこと、
事件発生後より交際相手に「機器音声同様の無言の独り言」をいう癖が突然現れたこと、犯行者が交際相手宅内を熟知していること、
交際相手宅固有の物を写した画像が流布されていたこと、も踏まえ、無意識時を狙った類似犯行を行っていたものとみられる。
 
といった、被害者当人以外への無意識時を狙った犯行が窺えます。
 
 
 
この機器については、当方案件にて複数回現認しており、ハンドライト風の(あるいは円錐型速度測定レーダーのような)機器を近隣創価信者が宅内窓越しに向けているものでした。
 
この音声送信のケースでは、機器の影響から
・被害者周辺の構造物の軋み、電化製品の誤動作・異音の多発
・過去には無かった、常時性の耳鳴り
・頭部への圧迫感・頭痛や発熱感、特定部位筋肉の痙攣・刺激、フラッシュ感
等が同時に発生し始めます。
軋み・異音の発生箇所や身体刺激を受ける位置には方向性があり、機器運用者宅からの直線射線上で発生します。
この音声、特定状況下ではICレコーダーに記録することができ、当方案件でも一部を録音できています。
録音できたケースは、ほぼ全てが機器運用者宅からの射線上にICレコーダーを設置した場合でした。
関連として、デジカメ画像にもおかしなものが写るようで、他被害者様においては、
創価学会員宅から光が飛んできている画像も記録できているようです。
 
当案件においては、通常当方が座る位置に日中にも関わらず白熱灯が照射されているような薄い光を何度か確認しています。
 
 
 
 
現在、音声に結びつく機器として、パラメットリックスピーカー(超音波スピーカー)も海外や国内数社から実売されており、派生系として人体への影響を考慮したものが戦場でも使用されています。
音声送信機器とは直結しませんが、上記影響を与えうる現存のものとして
 
(実売されている電子レンジ部品を利用した電子銃キット)
http://www.bugsweeps.com/info/electronic_harassment.html
Directional Microwave EMP Rifle (PARTIAL KIT) の項
~最大効果のもので、射程300フィート(270m強)、電化機器・人体への遠隔破壊行為が可能~
*これが示唆するのは、家庭にある電子レンジの安全装置を意図的に壊し扉を開け、対象者宅へ向け常時放射することでも、非効率ながら即座に効果の出ないよう(明らかに犯罪とわからぬよう)傷害行為を行えるということである。(犯行者宅の電気使用量の増減に留意)
また、どこにでもある家庭電化製品のため、特に捜査の目を惹くものでもない。
 
このようなものが実売されています。
 
また、盗聴器発見等の業者の方に伺ったところ、
赤外線スポットライトの強力なものであれば、離れたところへ熱感を与えられる可能性があるそうです。
 
 
 
電化製品の誤動作・異音の多発ですが、実例として
☆音声送信にて機器について「これだよ、これ」などと言い、それに合わせて近隣の犯行拠点窓から当方宅窓へブルーのライトを照射した上で、蛍光灯が突然の点滅を始め、照射が終わると正常に戻った、というものがあります。
他電化製品への影響においても鑑み、コイル系の部品に影響しやすいように思います。
リレーのあるものや、PC基盤の電源・スイッチ回路、モーター、蛍光灯の中のコイル部品など。
機器設置運用宅特定においては、被害者宅までの射線上にある一般者宅・街灯などにも影響がある可能性も考慮すべきでしょう。
 
 
※近隣住人による犯行が露骨な場合
上記のように誰とわかる行為で釣りを行ってくる場合、
「(犯行者宅を)覗きをした」「何もしてないのに言いがかりをつけてきた」etc.
などという罠の可能性があります。
実際、上記犯行創価信者は、意図的な喚きたてなどの他、子供なども含め複数人で
「あ、また見てる!」云々
という茶番劇を演じていました。
犯行者が露呈した場合、自分たちこそ被害者 という虚実を作ろうとする可能性が高いようです。
 
 
 
ちなみに、上記近隣の犯行拠点は創価信者であり機器運用の姿も現認しており、音声に合わせた喚きたて行為も行っています。
他主犯格やストーカー行為者との接触もあります。
また、平日・祝祭日関係なく、当方起床10分前後で活動を始め、車両にて6分程度の場所に行き戻ります。
大抵の場合、この車両帰宅後から音声内容が変更されます。
しかも、犯行以前にはいなかった人物が、犯行開始以後から半常駐しています。
 
 
※音声送信については、犯行者関連施設にレコーディングする場所があると思われる。
※近隣の犯行拠点においては、犯行以前と以後で電気の使用量の違いが見込まれる。
※電気のブレーカーは、外部からの無線電波により意図的に誤動作させることが可能だそうです。(電力会社に確認)
 
 
近隣犯行拠点の動きには特徴があり、
・当方宅の音、声に反応して動く
・当方の宅内動向に合わせて犯人挙動が起こるが、必ず、犯行拠点窓から当方宅窓が見える場合のみという条件がある
 
 
 
音声被害での身体的影響
・常時性のある可変する耳鳴り、聴覚感度の変化
・首筋、内耳周辺の異様な張り
・頭部への圧迫感・頭痛や発熱感、特定部位筋肉の痙攣・刺激、フラッシュ感
(身体表皮において、水分・脂分の多い部位の場合が多い)
 
などがあり、長期になると筋肉の静動バランスが崩れてきやすい。
通常、人間は、室外>室内の温度変化や、トイレ後などなど、自然に身震いするものだし、被害前・被害中盤まではそれが起こっていたが、長期に被害を受けていると
自然な身震い、というのが起こりづらくなってくる。 
 
 
 
「音声送信系被害においては、必ず近隣住人宅の関わりがあり、その者等は音声送信内容に合わせた喚き・行動を高確率で行います
声の吹き込み主への報復は後々行えます
その為にも、近隣犯行者及びストーカー実行者所在を特定しましょう」
 
「就寝時を狙って焼きつけ行為をされている場合、
周辺の騒音・声も「喚きたて」等に聞こえることがあります。
これを悪用し、近隣犯行者などは「実声の喚き」を加えることがあり、録音を録ってあれば無関係なのか犯行者なのか判別できます。」
 
 
 
【創価学会による他宗教への工作でみられる、インターホンへの音声混入
 
(3)「情報を買ってくれ」「殺される、助けてくれ」等と訴えて撹乱してくる  より引用
 
・[八月二十三日15時20分] 東京の幸福の科学職員に「例の男」から電話。「創価学会の情報を一千万円で買うてほしい。欲しければ、今日の夜八時、○○(職員の名前)に町田のマンションまで来させろ」と一方的に言って切る。
 [同日16時25分] 町田さん宅マンションのインターホンに例の男の声。(町田さん宅はこの数週間前、少し離れた所に引っ越しており、嫌がらせ電話を避けるために電話を引かなかったところ、インターホンに割り込んできた)。
「八時までに金をそろえてマンションの前に来い。」
 [同日21時20分] 職員が町田さん宅に到着。以後四十分間に、インターホンにイタズラのチャイムが十数回入る。
 [同日22時00分] インターホンに職員の声を真似たイタズラが入る。
「あ、○○です。開けてください。」
 ※この日は21時20分から22時00分過ぎまでの間、誰もインターホンに触れていないことが確認されている。何らかの遠隔操作でインターホンを鳴らし、通話してきたことがわかった。
 
 
※すでにこの時期に、
創価学会員組織により外部からの音声送信を行っていた
事実を示す文章です。
 
 
 
【電話回線盗聴やネットの閲覧先のリーク】
盗聴器やテンペストなどを疑うことも多いでしょうが、あまり誰も触れていない盲点があります。
特定意図・思想・宗教を持つNTT職員及び退職者です。
 
創価謀略部隊の中心的メンバーであった者等が起こしたNTTドコモ情報漏洩事件をみてもわかるように、局内に内通者がいれば、
・通話先、内容
・ネット接続先
などのほか、
・転居先(転居先でも固定回線を使用している場合)
も漏洩します。
 
ケーブルテレビ回線等を別にすれば、NTT固定回線を使用している場合、
どこのADSLサービスであろうと元回線はNTTです。
 
 
 

組織的ストーカー被害及び音声被害について、被害の訴えは多いものの、内部情報ととれるものは皆無です。
各ケースを調べてみれば判りますが、これほどまでに酷似した犯行手法の被害が全国で展開されているのに、内部情報の漏れが皆無なのは何故でしょう。
それは、
「全国的で極めて閉鎖的な、ほぼ単一の組織による犯行手法」だからではないでしょうか。
複数の組織が複雑に介在することは、単一にくらべ情報漏れの可能性が飛躍的に高まります。
しかも「全国的であり、各階層に構成員がおり、付近にも住んでいて、費用対効果を無視した動員ができる」のです。
各被害者同士には接点がみられません。が、手法は酷似しています。
「犯行手法を確立したほぼ単一組織による貶め行為で、犯行起因・人員は地域ごとのスタンドアローン」と思われます。
当案件では、「別れさせ行為・篭絡」を主目的として仕掛けてきました。
他の方では、身近な相手や気にも留めていない相手からの怨恨かもしれませんし、業務上のトラブル相手かもしれません。
頭のおかしい近隣住人が(どのケースでも犯行者は精神異常者ですが)貴方のことを面白く思わなかっただけかもしれませんし、業務上で揉めたり逆恨みした相手に起因しているかもしれません。
 
 
理由は個別、
犯行者はほとんどが民間ベースで近隣住人を含む大人から子供まで、
業務上においても妨害行為者がいて、
動員は週末祝祭日に影響されている、
そのうえで全国的に共通した内部情報の皆無な犯行手法
 
 
ほとんどのケースでは、近隣住人も犯行加担や専従犯です。
「近隣住人にも構成員がおり、全国的、各社会階層にも構成員が浸透している。
子供も構成員である。」
 
 
当案件では、組織的ストーカー被害・音声被害があり、そのどちらにおいても、
「犯行者に創価学会員複数を確認しており、札幌ー苫小牧間での行き来もある」のです。
「犯行者の複数は、家族単位で犯行に参加」しています。
苫小牧側主要犯行者・札幌側犯行者共に出入りする拠点が、札幌・苫小牧双方にてみられます。
初期段階では、「道外からの動員」もされていました。
苫小牧においては、同様な被害訴えが2件以上、警察に寄せられています。
また、他被害者の方の複数が、犯行者・関係者の中に「創価学会員及び関係者を認めています。
 
当方地域のストーカー創価学会員と接触のある者が、遠方の交際相手宅前に現われ、ニヤリと笑う行為をしたとき、そしてそれが複数回に及ぶとき、偶然ととる人は皆無ではないでしょうか。
 
そのストーカー創価学会員等が、交際相手との喧嘩(宅内)の直後に真横に車を止めニヤける行為をしたとき、明らかにおかしいと思うのが普通でしょう。
 
「狂えや!」と喚いた創価信者子供が、他子供・補佐役の大人とともに買い物中の当方前に現われ、何も買わずレジに頬杖をつきニヤける真似をしたとき、明らかな関連性を感じるはずです。
 
創価信者による組織的ストーカー行為は、対外的には無関係を装い、女・子供も嬉々として参加します。
 
周囲に仲間がいないと小心で逆に追われるとゴキブリのように逃走しますが、仲間複数といるとニヤけて自信過剰です。
 
 
「犯行に関わる創価信者の特徴は、
・犯行以前まで創価公明関係ポスター等を貼っていても、事後貼らなくなる
・犯行後から創価の会館にはほとんど行かない隠れ信者になるが、信者同士では双方来宅しあう
隠れ信者になっても創価内での立場が落ちない
・被害者周辺を徒歩・車両等で徘徊する
・対外的に、創価信者であることを隠すようになる
・来宅者車両とストーカー車両が一致する
・被害者宅近隣の信者住人同士の関係が密になる
等など」
 
 
 
 
このサイトの【3】に、創価学会についても書かれています。
メインは韓国についてですが、
思想・背景・行動基準が
組織的ストーカー行為者
に似ている、と思うのは当方だけでしょうか。
 
 
全国を震撼させたオウム真理教事件(米国ではテロ組織として認定)で、露になったことは何でしょう。
オウム真理教それ自体の危険性だけではありません。
全国化した、野望のある排他的な団体が、
全国各地・各階層に構成員を要し、
全国に拠点を設け、
隙あらば政界にも人員を浸透させようとし、
団体独自の経済ネットワークを構成し潤沢な資金を得ている
それが身勝手な理屈で牙をむいた場合の危険性ではないでしょうか。
 
浅木代議士事件では、
・証人、裁判官、警察などほとんどが創価で固められ、自殺と決めつけられていました。
 
 
ちなみにオウム真理教事件で活躍したカルトに詳しいジャーナリストや弁護士などなどの方々は、
他カルトは取り上げても、何故か「創価」だけは取り上げていません。
 
 
 
それぞれ、各地で単発で行われている嫌がらせとお思いの方、
「地域は違えど、創価学会員が犯行者である(または関与が濃厚な)組織的ストーカー被害の犯行手法が、何故同じなのか
説明がつきますか?
 
また、複数の他被害者様の情報で、
「組織的ストーカー被害前後に、創価学会員住人からの明らかにストーカー事案と関わる発言がなされている」
「被害を知らないはずの創価学会員住人が、他一般住人の誰某がストーカー被害を受けてるなどと話しかけてくる」
「被害を知らないはずの創価信者住人が、
【ストーカー被害も身に覚えのない受傷も、創価学会に入会すれば起こらなくなる】
という発言をしている」
「当方案件で行われたレイプ音声や覚えのない受傷を使った手法が、遠く離れた他地域での創価学会員のストーカー事案でも行われている」
という事実があります。
 
 
創価の異常さを明らかにするには、勧誘等異常手法のみならず、
「宗教団体を名乗る資格のない、各地で多発する信者住人などを主体とした組織的ストーカー行為」
を表ざたにするのが早いと思います。
集団ストーカー・組織的ストーカーと書くと解りづらいですが、彼等が過去から行っている
敵対者・脱退者への「異常な付回し・風評流布攻撃・イタ電・生活妨害・etc」の対一般人版です。
自分達以外は地獄に落ちるという趣旨から、対象者の生活が堕ちていくように仕向ける傾向にあります。
が、攻撃理由は、私怨・私益(当案件では別れさせ目的)あり、その被害者案件ごとの個別です。
その上で、全国的に手法が統一化しています。
 
 
 
 
 
警察について
テレビドラマ・映画のように、警察が独自に犯罪の匂いを嗅ぎ付け犯人を一網打尽にする、というのは、虚構でしかありません。
基本的には事務的で、訴えのあり解決出来そうなもの
自発的に動くのは、内部で、麻薬取締り強化とか銃器対策とか交通安全月間とか目標を作って達成度を上司に見せるような目的のものでしょう。
 
 
 
 
 
追加情報
最近の傾向として、創価ストーカー車両のうち数台(犯人情報2 中越など複数台)は、
車両側面窓に「~パトロール」なる黄色い紙を貼り付け活動している。
軽4輪に同紙を貼り、子供を乗せた中年女が、わざわざ追尾をかけ家を覗き込みに来て、パトロールもないものである。
これを偽装手段として常用しだしたのであれば、さらに判別しやすいであろう。
関係するかと思われる事象として、交際相手宅地域でも、黄色いジャンパーを着て腕章をした自警団的集団が何度か現われていた。  

北海道創価による常習的組織ストーカー犯罪
Add your content here

※音声データは、周囲音響に混じった微弱なものであるため、スピーカー越しでは確認しづらいです。
ヘッドホン使用・音量高めでの聴音をお勧めします。

手配画像1
手配画像2
ストーカー主犯格の中の一人で、機器音声・実際の徘徊時、双方で喚く男。
女は創価信者で、問題の男の声は機器によるものです。
男は実在主犯格であり、徘徊しつつ実声で喚いていたこともありますが、
この録音時は周辺にはいませんでした。
機器向けを現認した創価信者宅からの射線上にICレコーダーを設置し録音していると、
これを含め何種もの同様の音声が混入しています
 
 
 
 
 
ストーカー行為と機器運用を現認した犯行者(創価信者)子供が、
誰も居ない中でセリフを読み上げるかのように喚く様子。「狂えや」
 
 
 
 
創価信者子供の喚き 「狂えや、こら」「悪い悪い、おまえが悪い!」
 
 
 
 
06/06/24 部屋の窓を開けると開始された喚きの一部「落ちるのにぃ、嘘だしぃ」
(近隣犯行拠点関係のガキ複数名、音声送信と同じ喚き。
主犯格等の露呈以後から特有の、子供を使った創価関与否定を演出)
(音声送信で行われるストーリー上で、
もう少しで当方が手管に下る、レイプとか機器を使った各犯行なんて騙しだったのに、という意のつもりらしい)
このほかにも延々と喚いていた。
彼等の喚きの特徴は、特定の言葉だけを大きく早口で巻くように喚く。
 
 
上記と同じときに録音された機械的音声
 
 
確実な創価学会員子供であり、単独・創価学会員親・他子供などの組み合わせで、明らかな関連ワードを含め喚く。
学会員親の動向に目が向きがちだが、子供同士での犯行者宅間の行き来、喚きたても行う為、犯行者相関を掴みやすい。
また、子供の喚きを利用する場合、遊撃的に裏路地などに回り喚くなど拠点特定への欺瞞を行う。
 
 
 
2007/08/09「創価学会員が音声送信行為をしながら喚く様子」
当方宅から犯行者の創価学会員宅へ指向性マイクを向けて録音したもの
天候:雨
 
音声送信被害の「聞こえ そのもの」の男の喚きと、それに合わせた言葉を叫ぶ創価学会員子供(男)&(女)
「・・・・どーすんのよ!・・・・・なっ!なっ!メチャメチャめんどくさかったし、なっ!・・なっ!・・・
創価学会員子供の叫び男(よーし?)・・・・・
創価学会員子供の叫び女(恨め!メチャメチャ恨め!)・・・・・・」
 
s1.mp3は、聞き取りやすくイコライザーをかけたもの
s2.mp3は、原音
 
ベラベラ喚いている男の言葉は、聞こえそのものの一部である。
同時に頭部等にも強い刺激を受けていることから、「音声焼付け行為時」の原音であると言える。

就寝時の音響データです。
コンコンと鳴るのは、創価信者宅からの機器運用時に起こる身体刺激・耳鳴り変調と共に起こる、風もないのに鳴り出す換気扇シャッターです。
このデータで注目なのは、車両通過音の前後にある音で、

・前部>風でも車両等の振動でもない重低音のような振動音
・後部>就寝時録音データのほとんどに記録される、ブザーにも似た音

です。
重低音のような振動音は、起きている時間でも起こり(特定の長時間滞在場所のみ)、頭部にも揺さぶられるような振動を感じます。
が、当方所在の小さな範囲でしか起こらず、他部屋に人がいても認識できません。

上記2本+3本を含む、犯行者データ  NEW

 
 
※ここを閲覧する、警察官等司法関係者様へ
当案件含む組織的ストーカー被害は、実際に起こっている事案である。
当案件においてみられる、明らかなナンバー偽装・操作や、
他案件にみられる措置入院偽装の拉致監禁など、
これらを見てすら事件性を感じないのであれば、ただちに退職していただきたいものである。
所属組織内での点数制度において、当該事案を取り扱うのが損、とお思いなら上に同じ。
あなたたちは職務に忠実であり、国・一般市民に対しての責務を全うするべく拝命したはずである。
けっして、政府与党関係とか自身の信仰、上司の意向を優先する為に職務を行っているわけではないはずである。
 
 
 
また、職場内において、特定の宗教・思想の者がグループ化したり、職務より宗教・思想を優先するものがいるならば、それは公益を損なうものであり、排除しなければいけないと認識していただきたい。
 
ちなみに犯行関係者が言った一言、
「警察も所詮は行政機関だから、どーってことない」
なめられているのか的を得ているのかは、それぞれのご判断で。
 
「集団ストーカー」「組織的ストーカー」と窓口などで訴えられる被害の定義は、
「ストーカー規正法を回避し、特定個人の生活を貶め精神的打撃を目的とした、特定の意図を持った犯行グループによる長期的なストーカー行為であり、その被害の多くでは犯行グループに近隣住人を含んでおり、近隣住人犯行者が犯行の基幹となっている。」
そして、近隣住人犯行者、所属団体、犯行起因、を特定されぬように、
複数の人員で、犯行者像を偽装・誘導して犯行に及びます。
 
本案件は、全国各警察署・警察庁・検察庁・首相官邸・公明以外の各政党などに送付してある事実をここに記載しておきます。
まともな返答を頂いているのは、ごく一部の警察署のみです。
また、北海道警察が、偽装ナンバー等情報を初動段階で捜査していない事実も記載しておきます。
 
全国各地に構成員となる住人がおり、市を超えての繋がりもある、
そんな者等を抱える団体とは?

リンク
 
 
Add your content here