Make your own free website on Tripod.com

Organized crime of Japanese Cult

Home | 21 | 20 | English | 18 | 17 | 15
10

音声データの創価信者

・ストーカー被害発生後から、喚き・音たて等を始め、それ以前は別被害者と思われる方(当方被害発生直前に脳疾患にて死亡)周辺で行動していた。
当方のいない時間帯には決して同様行為をしない。
データにあるように、「狂え」など、機器音声内容(別情報に記載)と同じ言葉を選び喚いている。

・機器音声被害が始めて起こった日の直前、近隣に現れたキャンプ集団が当方宅へ向けライトを照らす行為に合わせ、同信者も宅からライトで照らす行為を繰り返していた。

・構造物軋み等は、同信者宅側から発生し、その方向を検索すると同者が宅よりスポットライト風の機器を向けていた。
同機器は、別の場所で別の犯行者が壁越しに当方がいた場所に向けているのも現認している。

・交際相手へのレイプ音声(別情報に記載)は、同信者が出入りする関係場所か同者宅から聞こえるような設定になっていたが、音声の始まる前及び終わった後には必ず同信者が宅外にて行動していた。
また、事の前後には同信者が交際相手を車で連れ入り連れ出すような音声が使用され、実際に車を動かしていたが、各所情報提供以後(レイプ音声停止以後)同信者は車両を破棄している。

・上記時期、同信者子供の喚きの中で、交際相手の名前も含められていた。

・同信者子供は、当方買い物先にまで現れ、何も買わずにレジ前に張り付き、レジカウンターに頬杖をつきニヤニヤと此方を見る行為を繰り返していた。

・ストーキング車両の一台は、同信者宅へ現れていた関連新聞配送のものであったが、同車両は関係選挙事務所にも出入りしていた上、同信者車両破棄と同時に車両変更し、以後、同信者宅へは現れない。

・犯行露呈以後、挑発的擦れ違いなどを繰り返していた上、当方が不定期時間・不定期ルートで移動しているにもかかわらずタイミングを合わせ擦れ違いを行っている。

・犯行露呈以後、関係政党のポスターを掲示しなくなった。

Enter supporting content here