Make your own free website on Tripod.com

Organized crime of Japanese Cult

Home | 21 | 20 | English | 18 | 17 | 15
3

ストーカー被害とそれに類する音声被害での身体的影響

当該音声被害は、必ず近所犯行者含むストーカー被害の中で起こります。
あくまで組織的ストーカー行為の中の一手段であり、すべての被害ケースで使われるとは限りません。
狙われるのは、犯行拠点とする創価信者宅から被害者宅への窓同士の射線がとれる位置や
アパートなどで隣接・または直下で音によって被害者の位置取りが掴める場所が多いようです。
初期状態として、上記位置の拠点に音響等機器を設置し、被害者に音声被害(特定個人のみに音声が聞こえる)に至る下地つくりを行います。
 
形跡としては、
・特定部分ばかりから起こる不自然な軋み音
・電化製品異音や誤動作・故障
・自室等側面の近隣住人の異常行為(おかしな喚きたて・おかしな機器向け・出入り監視やタイミングを計った遭遇)
です。
その上で音声被害が起こりますが、
・初期の頃には自然な外音や人声として聞こえることが多い
・不定期に身体的刺激が起こる
・かすかな耳鳴り
のような状況から、被害時期が長期になるほどに、
・周囲騒音等の強い場所ほど聞こえが大きく、不自然
・不定期に身体的刺激が起こるが初期より慣れがあるためジワっとした感があり、強さと耳鳴り強度がシンクロしている
・耳鳴りは常時性の強いもの
ような感じに変化してきます。
 
長期になると、強い耳鳴りとそれに伴って変化する、首筋・顎付け根周辺・耳後部と下部あたりの筋肉の異常な張りが診られると思います。
被害者は、以前より外には出なくなり宅内でも同じ場所で同じような姿勢でいることが多くなると思いますが、これは禁物です。
人間は通常の状態でバランスを保っており外的刺激等に対して調整しますが、上記の状態で音響機器等被害を受け続けると、体はそれに慣れた形で身体バランスをとろうとし慣れる為、外部刺激を強弱されたり、受けない状況では、逆に身体バランスの崩れた状態になります。
酷くなると、チックや、身障者にみられるピクピクした状態に陥る恐れがあります。
これを避けるためには、適度な柔軟体操等が必要ですし、上記の内容を理解することで精神的不安に打ち勝てます。
上記の異常な筋肉の張り・身体バランスについては、普段の生活の中で体感できると思います。
例えば被害以前には、温度変化による鳥肌・震えや、トイレ後にくる震え、寒いときに暖房の前にいると起こる震えや筋肉の収縮・開放などが当然あったかと思いますが、
被害が長期化し身体バランスに影響がでていると、このような身体の自然反応が起こりづらくなっているはずです。
身体バランスが長期に渡り崩れることは、精神バランスにも影響を受けますので注意が必要です。
 
ストーカー行為者が求める結果として
・音声を聞かせることにより、被害者に何らかの行動を行わせようとする
・常時、声を聞かせ、中傷・脅迫・挑発をし、被害者が精神バランスを崩すよう画策する
・上記により被害者の精神バランスを誘導し、親族・交友範囲との摩擦を起こさせようとする
また、上記から起こり得る親族・交友範囲や第三者(犯行者側)とのトラブルを、それら人々に現認させることで、措置入院偽装の下地づくりを目論む
といったものがあります。
 
この手の被害は、精神異常扱いを狙った部分がありますが、
・ストーカー行為者の実態がある
・ストーカー行為者同士に接点がある
・聞こえてくる内容と同じものを、近隣犯行者が喚く
・特定出入り先等でストーカー行為者と接点のある者が、音声内容に関係する話題振りをする
などという犯行実態に伴うものであり、組織的ストーカー行為の中の一攻撃手法であることに疑問をはさむ余地はありません。
 
 
創価ストーカーと音響機器等による被害状況を明確に判断し、ストーカー行為者とその親族関係・機器運用者宅特定をし反抗・対応していくことで、創価ストーカー犯罪者を少しずつ浮き彫りにし尚且つ精神・身体バランスの自然さを保つことが重要です。

 

Enter supporting content here