Make your own free website on Tripod.com

Organized crime of Japanese Cult

Home | 21 | 20 | English | 18 | 17 | 15

15

創価学会員の組織的ストーカー行為、基本手順

・被害者への、学会員及び関係者の私怨や私益誇示などで開始

             ↓

・被害者宅近隣の創価信者宅からの監視、個人情報収集、部屋間取り等把握、風評流布

・被害者の公私出入り先への、宗教色を隠したメンバーの浸透、個人情報収集、風評流布

・被害者の公私出入り先近隣の、創価信者・関係者宅の拠点化、音響機器設置

・被害者の買い物状況の覗き見等による生活パターン収集、個人情報収集

浸透者や露呈を疑う創価ストーカーは、馴れ馴れしく話しかけたり接近してくる傾向がある

被害者が過去に揉めた相手・内容等の詳細を知ることを非常に好む(後に加害者偽装に使うため)

よく吟味すると、特定場所・特定人物のいた状況での内容しか引用されないことが判る

             ↓

・短期間の大量投入によるストーカー行為開始、一定期間後は少数専従メンバーと近隣信者中心
(ストーキング対象は、被害者及び家族や接触頻度の高い友人・知人)
(被害者だけにはストーキング事実が判るよう、露骨に行う)
(初期の大量投入で、不特定多数というイメージを植えつける)

・当て逃げ、近隣トラブル等を故意に起こす事での被害者との接触。異常者扱いとする為の布石

・近隣信者や徒歩ストーカーによる、喚き・仄めかしの繰り返し行為
(先の個人情報収集から選んだ、被害者が犯人と思うであろう人物とのトラブル・会話から抜き出した言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為)
(被害者の会話、近親者、交際相手、買った物などなどを、知っているぞと知らせる内容の言葉を、喚き・仄めかしに含ませる行為)
(信者の子供に、特定のセリフ・単語を仕込み、被害者周辺で話をさせるなど、子供も犯行の加担者である:創価組織ストーカーの大きな特徴)

・近隣信者宅から、被害者寝室に向けて、可聴域ギリギリに調整した音源を再生する
(信者宅からの射線上位置では、アンテナが風で唸るのに似た音、信号音、何かに共鳴してるような声(シナリオをもった話しかけ)を向けられる)
(信号音・唸り音などは、就寝時に聴覚への影響を意図して発信される)
(低周波による身体的悪影響が明らかなように、音響による身体的悪影響を意図している)
(被害者懇意の相手に対しても周囲宅を確保の上、気付かれぬよう就寝時に音源を流し、催眠効果を意図した行為を繰り返す。これを受けている者は、なぜか皆、医療機関でも判別できない発疹ができる)

可聴域ギリギリの音声であるため、モーターのある電化製品の音や機械室などなど低周波音を含む周辺騒音があると、焼付けが自発しやすい

【必ず、近隣の射線をとれる宅から被害者が長時間滞在する位置へ音源が発生されている】

これらの事象が始まる場合、風もないのに何かが唸るような音、電化製品の唸り・建物構造物異音などが発生する
特に、音声系被害に至る直前あたりでは、風での唸りのような音が多発していた
この音をよく聞くと、音声被害において、同じパターンで繰り返される喚きなどが抑揚の無い棒読み状態で聞こえる場合がある(円筒等にも共鳴)
これが聴覚への焼付け部分である

この近隣創価信者宅から発生される低周波等音響は、構造物軋み・身体への圧迫感に関連する

また、心理的作用を考慮し、通常心拍より早いリズムで棒読み音声の吹込みが行われている


通常、被害者以外には音声等は聞こえないが、他者が体感できるものとして、
・被害者周辺にいるときだけの急な頭痛、目への刺激感、耳の中の産毛が逆立つような感覚等
犯行者である近隣創価信者自身すら、音源射線上に位置したときには咳き込んだりなどの行為を高確率で行っている

・聴覚の安定していない子供の場合、稀に、音声原文の一部や信号音のような音が聞こえる等
がある。

[上記2点での犯行者像偽装例]

・犯行者データにある交際相手地域の、医療関係女(面識者)の報復

・小学校時代関係者の、いじめられたから報復

・交友グループ内から素行不良で弾かれた者による報復

・犯行者内女が、素行不良が表に出る&素行不良による不妊にからくる、こじつけの恨み

・(なぜか犯行者が露呈してから)犯行者宅を覗いた、煩くしたなどという意味不明の怨恨

※どれも、犯行者が露呈した以上、偽装になっていません(笑)

※「別れさせ行為」を目的とした明確な犯行状況に対し、近隣を含む創価学会員複数が関与する言い訳にもなっていません


・近隣信者宅から、被害者宅へ向けて、電化製品等に干渉する違法電波を送信する行為を繰り返す
(電源断のステレオスピーカーから混線音声の発生)
(子機付電話への進入)
(コイル部品使用電化製品への破壊行為)
(テレビへのノイズ混入)

・近隣信者宅から、意図的な生活騒音をたてる行為を繰り返す
(被害者や被害者出入り先近隣に拠点を構え(在住創価信者)交代制で終日、騒音をたてる)

・近隣信者宅から、犬・猫・鳥などの鳴き声や生活音を加工し擬声的に編集した音源を発信する

・上記近隣からの攻撃で被害者が明確な反応を示さない場合、明らかな主犯格が意図した擦れ違いなどにより挑発・反応を見る
(同時に家から出てくる、同時に帰宅する、買い物先等で擦れ違いを起こす、遠路からの帰路に有り得ない道筋で出てきてすれ違う)
(全てにおいて、特定場所で行き先が会話・電話通話に出た場合のみ)

・被害者周囲を徘徊し、携帯電話のカメラやデジタルカメラ等で撮影してくる

・被害者宅周辺を徘徊し喚く行為も行うが、いい大人が若ぶった口調・声色を使うことで年代を偽装する

・車両にて被害者宅周辺を徘徊する場合、通過時にクラクション・喚き・空吹かし等を行う

自分達が望んだように被害者がアクションを起こすことを意図している

(被害者が直接的に、創価ストーカーに喰いかかる等、犯行露呈者に対し被害者が非をもつ形を望む)

自分達の身元を誤魔化し被害者を精神異常とする組織ストーカー手法の特性上、被害者が明確な逸脱行為を行わず冷静な対処をする場合、直接的攻撃策が採れないためである

このような場合、同時に、悪戯電話・悪戯やアダルトメール等が明らかに急増する

(対創価の書き込みのある掲示板等においても、アダルト誘導などが急増する場合が多く、アダルトメール等産業において創価関連業者があると思われる)

平日日中などの主力は、専従ストーカーと創価主婦層である(創価婦人部一部グループ、その子供の未来部等)

喚き・すれ違いの仄めかし・車両による威嚇等では、「なぜか」創価学会員の息子や娘ばかりが浮かび上がっている

・被害者の外出、帰宅に合わせた、悪戯電話・悪戯メールの発信を繰り返す

・被害者車両への悪戯、破壊行為

・被害者宅や接触頻度の高い友人・知人宅への侵入、室内物の窃盗・悪戯

・業務関連者や友人・知人等への、隠れ信者メンバーによる被害者情報操作・風評流布

・犯行は、被害者在住地域の創価信者主体で行われ、専従メンバーが指揮する
他市へ移動の際には、専従メンバーとその地の創価信者によるストーキングがなされる

・被害者にたいして証拠もとられず、生活を破壊でき、脅威とならぬ場合には、次の攻撃対象へと矛先を変える
寄生虫が対象を食いつぶし、次の対象に寄生するのと同じである
この事は、他犯罪に比べ同組織的ストーカー被害者が目立たぬ数でしかない要因となっている

・犯行者が露呈した場合には、「必ず」被害者が精神異常ととられるような、あるいは神経失調、自殺となるまで犯行は「絶対に」止めない

・犯行者が露呈した場合、ほとんど逆に勝ち誇る・優位性があるかのような態度・発言を始める

創価学会員特有の態度であり、勝ってる振り・正しい振りをし続ければそう思い込ませられる・そうなるという奇妙な姿勢である

また、自分達を追及・批判・追い詰める者が出てくると、迫害を受けている・自分達が被害者である、という態度・状況をつくる

【このような場合、ひどく都合の悪いことが露呈した・偽装が通じない、などのケースが多いです】

【仄めかし・音声において、被害者名・過去関係者実名・過去事象・問いかけ等個人を意識する内容であるのは、内容そのものよりも、被害者が仄めかし・音声を意識したり集中するようにするためです】


※被害者が自己精神を疑うよう、また他者も被害者精神状態を疑うよう、同色同型同ナンバー複数車両によるストーカー行為を行ったり、被害者にしか聞こえないよう音声や騒音を流すなどで、被害を被害者のみに判る形で行う

※基本は精神攻撃であり、業務妨害・家族関係破壊・対人関係妨害はその効果を増大する為に行われる

加害は、被害者と創価ストーカー達のみにわかる形で行われ、対外的には自分達は何もしていないが被害者が思い違いをしている風を装う

例外として、ストーカー行為そのものだけは実際の人材を投入する為誤魔化しが効かず、被害者及び周辺者に確認される

※被害者に対し、何・誰を疑わせ本来の目的と創価の犯行を隠すかは、犯行起因の私怨・私益等内容により違う
大抵の目的は対人・対社会関係の破壊であり、目的達成の成果には関係なく、被害者が潰れるまで繰り返す
創価学会員は、都合の悪い相手・私益を妨害する相手に対して「仏敵」などと称し、「責め抜け」などと都合よく宗教を利用している危険団体である
また、この手法は全国的に共通であり、創価学会が標準手段として利用している可能性が極めて高い
創価学会員は地区・業種・年代などにより内部グループを構成しているが、この組織的ストーカー行為を専従として行うグループも構成しているとみられる

※警察等への通報阻止と信頼度低下を促す為、被害者間メールやホームページ・掲示板等で、犯行主体を警察及び関係者とする虚偽の情報を流布している

【重要】
件において、記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが過去に近づいていた被害者複数に
「不自然な死亡と自殺者、脳疾患と脳疾患死・急な神経失調が 不自然に多い 」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが転居した場合、
「前在住地区では、同案件と同様な事件(記載犯行者の絡む不可思議な近隣トラブル等も)が発生している」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが特定の宅・自宅(被害者近隣)に入った後には、
「近隣において、犬等の急激な鳴き声が連続して起こる」

記載創価信者ら複数の犯行者の共通事項として、同者らが特定の宅・自宅(被害者近隣)に入った後には、
「近隣において、テレビ等への急激なノイズ混入が発生する」

 

 

重要:創価学会員の猿芝居】

喚きたて、付き纏い、意図的な擦れ違い等は公衆の視線もあるなかで行われます。

そのため、周囲からは普通の会話等に見えるように(少なくとも創価学会員はそう見えると思っている)、特定の言葉・内容を含んだものを被害者周辺で会話・独り言風に展開します。

が、よく観察すると、特定対象(被害者)周囲以外では、或いは特定対象(被害者)がいない場合では、「周囲に聞こえるような音量の会話等」は一切していないことに気付くでしょう。

当案件で近隣創価信者が喚く場合、

「必ず在宅時間だけであり、近隣信者宅側の部屋に在室する場合のみ」

です。

24時間対応レコーダーによる長期録音データにおいても、当方不在時には「一度も」周辺に聞こえるような犯行者同士の会話等は行われていません。

通行人を装った創価信者が大声で会話を始めるのも被害者宅前のみで、その前後では周囲に聞こえるような会話等は一切行われていません。

犯行者の創価信者を観察する場合、このようなことに注意してみるべきです。

また、被害者に犯行が露呈した場合の欺瞞行為として、被害者が在宅しているときだけに

「わざわざ、自分達は無害であるかのような日常会話を大声で始める」 

場合があります。

創価学会員を監視する場合、上記のような点に注意することが必要です。

【当案件では】
記載主犯者等は、当方と交際相手を離別させ割り入る目的の依頼の元、札幌・苫小牧の複数の創価学会員を主体として
 
1.当て逃げ行為によるトラブル演出
2.複数人による長期的なストーカー行為
2-1.偽造ナンバーや、作為的同一同色同型ナンバー車両複数を道交法違反を知りつつ運用する行為
3.風評流布等による交友範囲と業務への妨害
4.低周波音響を伝送波として誹謗・中傷・脅迫・交際相手レイプ音声を、近隣宅より高い音圧にて当方寝室等特定場所へ発生させ、聴覚への焼付け・頭部への過度な刺激による脳疾患誘発・終日数年にわたり音声を聞かせることでの精神疾患誘発を意図した傷害行為
4-1.上4を就寝時に当方及び関係者へ「伝送波」のみ又は音声有りで、就寝時に当てる行為を繰り返し、オウムがニューナルコとして行った洗脳・催眠効果類似を意図した傷害行為
使用される喚き等音源は、創価信者等の多数出入りする拠点で被害者動向に合わせて内容を変えてレコーディングされている
近隣創価信者は、定期的にこれを集配し運用している
 
近隣創価信者宅に面した窓の向かい合う部屋等のみ、創価信者らは被害者在・不在を特定している
各種挑発行為を繰り返してきた後、上記条件部屋等に向かうと100%の確率で創価信者が出てくる
また、被害者以外の人間が上記条件部屋に入った場合も、被害者に声等反応を起こさせようと、喚き・音声・悪戯電話・創価信者徘徊が行われる
5.上4と同内容を擦れ違いや近隣宅の創価信者で喚き、当方に精神的ダメージや犯行者像偽装を狙った行為
6.違法電波等を利用し、宅内家電製品等を損傷させる行為
7.改造無線機器により、当方宅内の子機付電話に進入する行為
8.上記8項目の人員と行為姿、創価学会という所属が露呈したことにより、警察への通報・証言等を無効にしようと、当方を上2.4.5.の繰り返しにより精神疾患者に仕向ける行為
 
 
等を創価学会員複数が組織的に、2001年後半より現在まで継続している。
同・創価学会は世界主要国でもカルト・セクトとして正式に指定されている。
また、各地で同様の被害を訴える声の中で、複数の創価学会員関与の声があり、手法がほぼ一致していることから
創価学会において、同手法が非合法工作の定番として運用されているとみてよい。
当該情報の各警察への送付の中で、警察向けのみに記載した事項が送付後より漏れていることから
警察内部での創価学会員警官による情報漏洩が高い確度で疑われる。
 
 
 
 

音声被害における近隣犯行者特定
 
音声の一部は、近隣宅からの外的要因(音響機器等)による「焼付け」です。
大きな音による耳鳴りが暫く残るように、長時間・毎日繰り返されることにより聴覚に焼き付き、周囲の音響で自発します。
多くの場合、「耳鳴り」が被害以後より発生していると思います。
 
例えば自室にいる場合、だいたい同じ位置にいることが多いはずです。
同じ位置、同じ向きで。
その位置取りと、耳鳴り左右の強さを照らし合わせてみてください。
左右片方だけ耳鳴りが強い場合、左右鳴っているが片側が若干強い場合、両方均等に近い場合など。
 
左右片方だけ耳鳴りが強い場合犯行者宅へ真横を向けている
左右鳴っているが片側が若干強い場合若干強い側の斜め前側or後ろ側
両方均等に近い場合犯行者宅へ正対しているor真後ろを向けている
 
上記に合わせ、「意図的な騒音たて」「意図的な喚きたて」「窓からの覗き」「宅外へ出て奇異な行動をとる」という家が同じ方向にありませんか?
上記判別と一致する家の者と、やたらと遭遇しませんか?
同時に発生する構造物の軋み・異音や電化製品異常・異音の起こる位置が、上記判別方向と一致しませんか?
 
よく、何処へ言っても皆が悪口を言っていると判断する被害者がいます。
たしかに、犯行グループが配置されており意図的に「関連語」を含む聞こえよがしの会話等をすることもあります。
が、「耳鳴りの強い側から聞こえることが多くありませんか?」
 
 

Enter supporting content here